警戒区域のペット、救済まで最終調整中
Coonyanさんツイッターより 第一報です。一時帰宅にあわせペットを救済する方針

ただいま、最終調整中。一時帰宅にあわせ 住民が連れだすのか。それとも、行政による一括保護か。
詳しい発表は一両日中となる。行政が、住民の要請を聞き 同日に保護できるのが、一番ベストだが・・。なかなか、出来ないらしい。と、いうのが ここ数日の報道。住民が、後から行政が保護してくれることを信じ、犬は、見つけたら繋ぐ、放浪している犬の場合は、特徴を報告し、保護を待つ、猫に関しては、キャリーに入れ、室内に置く。外の猫は、捕獲器を置いてくれるのか・・・。此の様なことでしょうが・・・。行政が 翌日にでも保護に向かってくれれば、良いのですが。日にちを開ければさらに悲惨なことになってしまう。ここの所を、行政はどのように考えているのか。キャリーにいれておいてくるくらいでしたら、バスに乗せてくれれば良いのに・・。とにかく、発表を待ちます。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-07 20:26 | 日記
<< デモ 島民500名の反原発 >>



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧