<   2009年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
さんた 退院しました。
再入院していた さんちゃん。
今朝
退院しました。

傷口を見ると 七針くらい また 縫われていました・・・。

帰宅して ゲージに入れると また大暴れです。

「出せ~ だせ~ 」と、うるさい事・・・。

しかし 今日一日だけは かわいそうですが ゲージで暮らしてもらいます。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-30 10:44 | 家ニャンコ
さんた 再入院・・・。
c0167790_226054.jpg


さんたは、再入院しました・・。

抜糸のため 病院にいき 糸を切った瞬間・・。
看護士さんが 押さえきれなくて 暴れまくり 傷口がぱっくりと・・・。

いやな予感がしたんです。
今朝 ゲージに入れると ゲージのふたを開けるくらいの力があったため
脱走を防ぐために ガムテープで固定して病院に連れて行ったんです。

あばれた場所が 病院だけに 感染症の危険があります。
先生は 感染を避けるため 兎に角 もう一度入院していただき
治療したいということでしたので 先生にお任せしました。

結果論を どうのこうのいっても 仕方ないので
今は、さんたの無事を祈りたいです。
退院は 月曜日を予定しています。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-26 22:13 | 家ニャンコ
さんたの猫ハウスの仲間たち
最近は さんた君の手術などで 忙しく 他の猫のことはすっかりご無沙汰しているので・・・。
今日は、三階にいる総勢20匹の様子を紹介します。

一部ですが。

c0167790_15302152.jpg

奥から しっぽなちゃん、きぃちゃん、左のお尻はさくらちゃん、右は、ちーちゃんです。
一畳用のホットカーペットに毛布で寝ています。この他 写真に写っていないのが
はっちゃん(男の子ですが、女子寮に居候中)みみちゃん、みーちゃん。
七匹の猫達の生活の場です。

c0167790_15305092.jpg

問題の男子寮です・・・。(女子も三匹居候しています。)
ここは、兎に角 汚す。壊す。悪戯の悪ニャンコの部屋です・・。
ここに写っているのは、おっきちゃん(女の子)、だいちゃん、ありちゃん(女の子)
市君です。市君は片目がありませんが、どんな猫にも負けない強い子です。
カーペットをしいてやりたいのですが・・・。まず 三日でめちゃくちゃになるでしょう・・・。
ですので エアコンで 暖をとっています。総勢13匹の猫達が暮らしています。

                           おまけ
                            ↓
c0167790_15312754.jpg


政宗が 爪とぎから離れません。
なにを考えているのやら???
この後 右下にある トンネルの穴に飛び込んでいきました(笑

今年も 色々ありましたが 私は 幸せでした。
ここに写っている子達 そして その他の猫達 犬2匹。
病気もしたし 手術もしましたが みんなで また 年を越せることに喜びや幸せを感じています。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-23 15:52 | 家ニャンコ
さんた 退院。
さんたは、手術 6日目で退院しました。
抜糸は、今週末に予定しています。
一週間は、自宅療養で 薬で治療します。
まだまだ ゲージ生活から抜け出せそうもありません。
帰宅して 二時間 鳴き通しです。。。
c0167790_14534946.jpg


下で名物亀を紹介したので 他の病院の仲間もついでに紹介しておきます。
c0167790_14551545.jpg

子亀たちです。この他にもこのくらいのサイズの亀たちが沢山います。

c0167790_14554056.jpg

ふくろう?みみずく?です。多分・・・。

c0167790_14561257.jpg

好きな人は ペットで飼うのでしょうか・・・。私は 無理です。

あと ワニ亀や大きな熱帯魚、カエルや猿などがいる ちょっとした動物園のような 賑やかな病院です。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-21 15:01 | 家ニャンコ
あと少し
さんたに夕食を食べさせるため病院にいってきました。

さんたの入院生活四日目。
人間と違って楽しみがあるわけではなく ただ だま~って
座っている(固まって)だけ・・・。

c0167790_1821286.jpg


ゲージから早く出してあげたいですね。
食事は 少しだけど 食べてくれました。
まだ 口まで持っていかないと 食べてくれないけど・・。

退院は、明日でも良かったのですが 病院が午後から臨時休診なので
やはり 月曜日の午前中にしました。
明日は リビングにゲージを作って お迎えの準備です。

そうそう この病院には 名物亀がいます。
のそのそっと動くたびに さんたの目がキョロキョロです。

c0167790_1826125.jpg

そろそろ 冬眠するはずなんだけど・・。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-19 18:26 | 家ニャンコ
山越えた さんた。
今朝は、さんたにサイエンスのa/d缶を購入し 食べさせました。

ここ 4日間 食べていないので 指ですくい口元へ・・・。
食べてくれました。
大さじ1杯くらいですが すこしづつ口の中にいれ 食べてくれました。
それを見ていた先生も 食べてくれたので これで 少し安心です。と、、、

今朝は、看護士さんがトイレの掃除をしようとゲージを開けたら
飛び出しそうになったということで あわてて 扉を閉めたとか。

元気になってきた証拠ですね。

その後の先生の所見ですが
胸に膿がたまる病気があるのですが
その初期の段階ではなかったのか・・。と、言うことです。

難しいことはわからないのですが
ただ 私は 元気になってくれれば良いのです。
お腹を切ったことも結果的には 何もなかったことで 
さんたには負担をかけたけれど
あの時は それしかなかった。
そのように考え納得しています。

動物は 話すことができないので やむないこともあります。
その動物を 唯一信頼できる動物の先生にお願いしているのですから
その 先生の診断が全てだと思っています。

私は、さんたが元気になって 私の元に帰ってくる。
それだけで 十分です。

夕方 もう一度 食事を食べさせに病院にいってきます。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-19 11:38 | 家ニャンコ
今日のさんた
先程 さんたに会ってきました。

私の顔を見て「ニャア~ニャア~」と、小さな声ですが 力強く泣いてくれました。
まだ 食事を摂ろうとしませんが 昨日よりは 元気になっています。
退院は、来週の月曜日になりそうです。
明日は おいしいものを持って 面会に行ってきます。

さて、今日もリビングの犬猫の写真をUPしておきます。
c0167790_18322166.jpg

気持ちよさそうに寝ています。
げんちゃんは どうやらこのソファーが定位置のようですね。
犬は 上が華ちゃん 並んで桃ちゃんが寝ています。
うぅぅぅぅ  ももちゃん背中が 虎刈りになっています・・・。←私のせいです。


c0167790_18335389.jpg

上から 一郎君 その下のゲージにことらちゃん テーブルの下は、左がしぃーちゃん
右のなんとかみえてるのが 政宗です。
ずーっと 左に行くと 次郎君が寝ていますね。
壁の蝶は 次郎君が爪で傷つけたところです。
このように シールを貼ったところが 我が家には いたるところにあります。
知人が 私だったら 気が狂う。と、言ってましたが
所詮 形あるもの いつか 汚れることは必死ですし 相手は猫ですからね・・。
気にしても せんないことです。(笑
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-18 18:43 | 家ニャンコ
手術終了
c0167790_1753713.jpg


さんたの手術は PM3時に無事終わりました。
上の写真は 一時間経った頃のものです。
舌がでていましたが 状態は良好です。
まだ 麻酔が効いていて とろ~んと、した様子でした。

先生に、手術の様子を伺いましたが
胃、腸ともに 悪いところは一切なく 摘出したものはありませんでした。
腸の写真を見ましたが 素人目にみても きれいな腸でした・・・。
じゃ 何故 腸が詰まっていたのか???
原因がわかりません。
手術前に 喉に管を入れるのですが その際、喉の奥からドロドロしたものが
かなりでたようで 呼吸器、気管に もしかしたら異常があるのではないか??
と、言うことです。
呼吸器と腸閉塞の関連がよくわからないので そこのところは 明日 聞いてこよう。と、
思っています。

今後は、点滴とインターフェロンでの治療を行います。
退院は 今週末を予定しています。


安堵しながら 家に着くと しぃちゃんとげんちゃんが にらみ合っていました。
c0167790_17151520.jpg


お腹をすかせて 足にまとわりつくこと・・・。

立ち止まっている暇なんて ないんですよ わ・た・しには・・・。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-17 17:18 | 家ニャンコ
さんたの手術
少し落ち着いてきたので さんたの手術のことを書きます。

腸閉塞の原因は 異物を飲み込んだ場合と 腫瘍によるものがあるようです。
バリウムを飲み レントゲンを 一時間 三時間 六時間 それぞれとります。
普通ですと 胃の中を通過し 六時間経過すると なくなっているのですが・・・。
さんたの場合は 胃にも残り 腸の中にたまり 腸周辺には たくさんのガスがたまっていました。

そして、レントゲンを見る限り 異物や腫瘍のようなものは写っていませんでしたが・・・。

どうしても開腹して 中を調べる必要がありますので 腸だけではなく 胃も調べることになります。

手術時間が気になります。
先生は、そんなにかからない。と、言っていますが それでも一時間強の麻酔は必要となるでしょう。

あとは、先生を信じてお任せするしかないのですが
昨晩は さんたの心細い姿を想像すると 涙が止まりませんでした。

同室の猫達もさんたの名前を呼ぶと顔が動きます。
さんたが、苦しそうにゼイゼイしていたとき ちゃーちゃんやクロは 苦しみを和らげてあげるように
さんたの顔をなめていました。
犬でも猫でも人でも 優しい心があるんですよね。。

まもなく 手術が始まります。

どうか 無事に終わりますように。
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-17 12:12 | 家ニャンコ
さんた・・・。
さんたの状態ですが、かなり重体です。

レントゲン検査の結果
病名は「腸閉塞」
腸に リンパ腫ができている可能性もあります。

このままにしておけば 早い時期に間違いなく命を落とすことになります。

先生に 手術をお願いしてきました。
選択肢は それしかありません。

明日 手術を行い そのまま 暫く入院生活となります。

さんたは、12月の寒い日に 新橋の路上で目をくしゃくしゃにし
鼻水をたらし 死にかけていた猫でした。
片手に乗るくらいの小さな猫は 生命力の強い猫でした。
だから だから
今回も 乗り越えてくれると思います。

奇しくも 12月です。
もう一度 燃え上がる生命力を発揮してもらいたい。と、思っています。

さんた・・。さんた・・。

おかあさんの元に 元気になって 戻っておいで!!
[PR]
by santakawasaki | 2009-12-16 20:14 | 家ニャンコ



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧