<   2011年 05月 ( 69 )   > この月の画像一覧
双葉郡浪江で保護したシン君。
4/10 双葉郡浪江町加倉 ファミマ前に佇んでいた犬がシン君です。この子は、簡単にリードが付けられました。きっと、寂しかったのだと思います。シン君の前に置かれていた餌が入っていただろうと思われる洗面器は空っぽでした。
保護の状況は、http://www.youtube.com/watch?v=6B_lj-XgTGc こちらで見られます。

現在、シン君は預かりを申し出てくれたちばわんさん経由で、優しい一時預かりさんのもとで暮らしています。
のびのびと、あのような苦しい状態の中、生きていたなんて微塵も感じられないような元気な様子が、こちらで、ご報告されています。http://fukushimashin.blog.fc2.com/一時預かり様も、シン君の飼い主様を探しています。
皆様のご協力をお願いします。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-31 19:24 | 日記
最後の一頭まで諦めずに。
今日、テレビで警戒区域の動物たちが、放送されたようです。舞莉亜さんがコメントしてくれました。まだ、生きている子がたくさんいる。この事を、知ったとき 私は不覚にも涙を流しました。空腹と恐怖と闘いながら懸命に生きています。私たちは、現地で動物を救いました。しかし、たった50頭弱です。助けたくても、ごめんね。助けてあげれないよ~。と、近くに来ない犬に詫びながら、餌を置いてきました。その子たちも、生きている可能性があります。なんとかして、あの場所から出さないと・・・。

皆さん、どうか、お願いです。ここが正念場です。皆さんの嘆願メールが、残されている動物を助けるために
必要です。今こそ、私たちは団結し、国を動かさなければなりません。
どうか、どうか、拡散願います。一万の署名では、国は動きませんでした。二万、三万、十万の署名を国に叩きつけましょう。
c0167790_14205510.jpg

ぺこちゃんです。まだ、情報がありません。どうか、皆様ご協力お願いします。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-31 14:22 | 日記
警戒区域動物救助のために
警戒区域の動物たちは、現在、住民の一時帰宅の際に救出されていますが、頭数は10頭前後の低い数字です。今なお、区域には、沢山の動物が残されています。このままでは、区域に残された数千頭の動物達は餓死してしまいます。みなさんも、動物達を心配し、各省庁、市町村に連日嘆願メールを送ってくださっています。しかし、一部の市町村は給餌、給水の行動を起こしてくれていますが、多数の市町村は、それすら行っていません。中に入ることが出来ない私たちからしてみると、市町村が、給餌、給水を行ってくれることが、動物達の命を繋ぐこと。それを、もう一度、皆さんにお考えいただき更なる嘆願メールをお願いします。
警戒区域で飢え、恐怖と戦っている小さな命を助ける為に、どうか、もう一度、大きな声をあげてください。
c0167790_13405064.jpg

まだ、見つかりません。この子にも、命を繋いで欲しい。皆様のご協力をお願いします。5/2埼玉県川越市より逃走中です。福島被災犬のため、福島方面に捜索を拡大しています。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-29 13:44 | 日記
被災動物処分の愚行をとめないと
宮城県では、被災動物を処分するとか・・。どうして、こんなにも簡単に殺すのか。被災動物に限らず、この国は、平気で飼えなくなった動物を殺す。殺してくれ。と頼む馬鹿な人間は、大問題だが、それを、はいよ!と、処分費をもらい、これまた平気で、ガス室に送る人間は、私には理解出来ない。このように仕事だから、本当は、こんなコトしたくありません。と、よく耳にしますが、処分する側の人たち、私からしてみれば、生きるための仕事とはいえ、よく従事しているとしか思えないのだ。もし、保健所の人たちが、こんなことをするために、仕事をしているとしたら、その仕事は、誇りなのだろうか。普通、仕事って誇るものだと思うので・・。
では、殺処分をなくすためにどうすればいいのか。私も長年、考えてきた。一番の早道は、保健所側が、殺処分や~めた。と・・。これがいい!!!!!!のではない?行政がいつまでも、こんな事をやっているから、簡単に動物を殺す人が増える。うん、そう。だいたい、動物を保健所に持ち込む人間は、自分で、里親さん探しの努力もしない人間なのだから、動物病院で100万円くらいの麻酔薬を打ってもらう。それくらい罪の深いことだということを、教えてあげないとね。

そこで、宮城県が、被災動物を殺処分するとツイッターで流れてきた。環境省に即、抗議メールを送りました。簡単に殺す。この愚行に抗議しましょう。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-27 00:16 | 日記
どこにいても、猫、猫、猫。
ツィッターの情報を見ていると、明日期限です。助けて下さい。と・・。殺処分されるこの子達の事を考えると、まったく何も出来ない自分が嫌になる。この子たちは、福島の子達と同じ生命。福島にはいったのに、なぜ、助けてやれないのか。本当に力のない自分が、ほとほと嫌になります。加えて、職場の敷地内に4匹の猫を発見。手術はどうやら行っていないようだ。一匹のガチャミケは、おっぱいがはれていた。多分、子供を産んだあとだと思うが、まったく、子供の所にいく様子はなく・・・。来月は、この4匹の手術をやる予定。餌をあげている人は、なぜ、手術をしない。可哀想だから餌をやる。それは、ありがたいが、このままいけばどうなるのか。わからないのだ。月に一匹づつでいいから、手術をしてもらいたい。
こんな風に愚痴をこぼす自分も嫌だが、公園の三毛猫も、そろそろ、捕まえないと・・。やることが、山積みで、キャパは既にオーバーしているし、電話でなんとかして、と、SOSもある。仔猫の里親さんも探さないと・・。
福島の犬猫も、団体さんの好意に甘えて預けっぱなし、こんなことでいいのだろうか・・と、つい、自分を責めている。

NEWをみたら、浪江の女の人、自分の愛犬の亡骸を発見し、頭部がなかったと・・。いのししにでもたべられたんだろ。と・・・。なんで、助けに行かなかった。と、私は、涙した。なんで、なんで、助けてやらなかったか。

そんな、福島で現地に残り、懸命に犬猫を助けている人たちがいる。どうか、皆さんお体ご自愛ください。ご活躍を応援しています。

c0167790_23362581.jpg

福島被災犬です。埼玉県川越市から逃走しました。まもなく一ヶ月になります。どんな情報でも結構です。ご連絡いただけますようお願い申し上げます。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-26 23:30 | 日記
小高のらぶちゃん 無事、保護されていました。
小高の犬この記事にある 緑のフェンスの奥にいた、らぶくん 保護されていました。この子は、一番最初に福島に入ったときに出会った子です。会社敷地内にいたため、保護はできませんでしたが、気になっていました。警戒区域前日に飼い主さんが、連れてかえってくれているのでは、と、思いながらも、南相馬在住の人に、残されているか、確認を取りに行ってもらいましたが、そこに留まったままでした。南相馬の人も、保護しようと試みたのですが、どうしても捕まりませんでした。警戒区域になり、もう、助けに行くことは不可能で・・。ただ、警戒区域の前日、餌と水はたっぷり置いてあったと。。その言葉で、なんとか 生き延びの欲しいと思っていました。そんな時、今日、南相馬の人が、らぶちゃん保護されています。と、連絡をくれました。写真をみたら、あの子です。良かった。本当に良かった。今、飼い主さんは、首都圏に避難中です。らぶちゃんは、一時預かりになると思いますが、いつか、また、一緒に暮らせる日が来ると思います。それまで、飼い主さんもらぶちゃんもお元気で。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-23 19:30 | 日記
寄付したお金を組み戻す方法。
 猫とdahlalと舞莉亜さんのブログより

とある、団体に寄付しました。でも、この団体は、自分が考えていたような仕事をしてくれない。それなら、一生懸命仕事をしてくれる人たちにその分を寄付したかった・・・。と、後悔しているあなた。こんな方法があるようです。少し、手間がかかりますが、あなたの大切なお金です。良かったら、舞莉亜さんへGO!!

昨日UPした記事。交付が決定した3団体は、宮城県の緊急時被災動物救護本部、福島県動物救護本部、いわき市動物救援本部でした。どこも、日の丸マークが・・。緊急災害時動物救援本部のHPを読んでいただくとわかるのですが、現地動物救援本部(地方自治体が構成主体となっているもの)の行う事業の条件に当てはまる団体。あとは、地方自治体と連携して行うNGO、NPO主体の救援活動(地方自治体による申請意見書の添付が必要)と、緊急災害時動物救援本部構成団体(財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本愛玩動物協会、公益社団法人日本動物福祉協会、社団法人日本獣医師会)と連携して行うNGO、NPOの救援活動(本部構成団体のいずれかによる申請意見書の添付が必要)と、いう難しい条件が必要らしいです。
小梅さんのコメント→申請意見書・・・これの添付が問題で最初から意見書を民間の団体に出すつもりはないと、仰せのようです。

まったく、馬鹿にしてる。怒りまくりです・・。民間団体の人は、多分ですよ。誰も、最初から、このお金をあてになんかしていなかったんですよ。これだけ、義援金が集まっているので、当然、国が動いてくれると考えていたから・・。でも、待てど暮らせど国は動いてくれない。しかも、原発事故で、福島がこんなことになってしまっても、頼りの国は、動物のことなんか、ちっとも考えてくれない。ならば、助けるのは自分たちしかいない。みんなで、福島の動物を助けようと全国から集結して、頑張って保護したけど、予想以上に数が多い。当然、出費もかさむ・・。あぁ そうだ。緊急災害時動物救援本部に義援金がある。助成金をもらえれば、まだ、たくさんの動物を助けることが出来る。そのように考えるのは当然だと思います。ましてや、お金は殆ど使われていないのですから・・・。

やはり、余剰金は懐に入れる腹積もりなんでしょうか。そして、闇から闇に消えていく。こんな事がまかり通ると思ったら大間違いです。この4団体 いずれ消えていく運命になりますよ。天罰が下るぞ!!

c0167790_018035.jpg

まだ、見つかりません。埼玉、茨城の動物ボラさん 何卒、発見に,ご協力お願いします。
早く、出ておいで ぺこちゃん おうちに帰れるんだよ!!
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-22 00:22 | 日記
緊急~物救援本部の義援金配分?
緊急災害時動物救援本部には、全国から346,496,440円ものお金が寄付されています。


5/15まで、義援金配分の申請を行っていたため、名古屋の団体は、この助成金を申請しましが、常日頃から、当会と関連性のない任意団体においては、受付が不可。と、いう回答を貰っています。受付すらしてもらえないなんて・・・。門前払いです。関連性ってなんでしょうか。なら、最初から寄付をいただいても、この団体以外は、義援金は配分しません。と、HPに書いておいてください。大体、最初からハードルが高すぎるんです。実経費くらい認めてくれたっていいのではないでしょうか?

私は、どうしても納得いかないです。このお金は、動物を救って欲しい。と、全国の愛犬家、愛猫家から寄付された浄財です。動物を助けよう。と、危険な区域に入り懸命に活動している人たちに使わずしてなんに使うのでしょうか。確かに、シェルターを作ってくださるなら、少しは、納得します。病気の治療を無償でするのなら、それもよいでしょうが、救援本部が、ぬくぬくとお茶を飲んで食事をとっていたときに活動していたのは、この名古屋の団体さんのような民間団体ではないでしょうか。福島から遠く離れた、名古屋からの経費は高額です。1回のレスキューで、100,000~200,000かかります。保護した動物の医療費も自前です。飼い主さんが見つかっても経費の請求はしていません。また、運良く里親さんが決定しても、ほとんどの団体さんは被災動物を、無償で譲渡しています。


このお金の中から、以下のように申請が行われているとHP上に記載されていました。

7.被災動物の救援活動に関わる助成金
現在、4団体が申請中です。
その内3団体に対し、申請区分A(600万円、総額1,800万円)の交付が決定しました。
今後も、被災地および県外避難者の受け入れ地域からの交付申請が見込まれます。
また、被災地で予定されている被災動物保護シェルターの設置のための交付申請も見込まれています。

今回、任意団体に申請決定後、払われるお金は、600万×3の1,800万円です。そのお金に値する活動を行ったかどうか、私たちは黙っているわけにはいきません。必ず、報告を必要とします。もらったところもHP上で報告していただきたいと思っています。そして、弾かれた団体さんの名前も発表して欲しい、どこか可で、不可なのか。この目で見たいと思っています。
あまり 悪戯なことは考えたくはないのですが、救援本部の対応が、偏りすぎているので・・・。

相も変わらぬ もたもたしている救援本部、寄付した皆さん真剣に取り戻す手続きを行ったらどうでしょうか。


c0167790_18272634.jpg


5/2 埼玉県川越市 預かり宅から逃走しました。既に、半月以上経っています。皆様のご協力を御願いします。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-20 18:51 | 日記
震災から70日
早いもので、震災から70日が経ちました。宮城、岩手の人々は、東北魂の力で復興への道を歩き始めていますが、福島は3/11から時間が止まっています。いまだ、ご遺体も遺族の元に帰ることもなく、魂の無念さ、ご家族の悲しみを考えると頑張ってください。のお言葉を掛けるのも躊躇われます。どうか、皆さま、引き続きの、ご支援をお願い申し上げます。皆さまのお一人お一人の力が、宮城、岩手、福島、茨城の復興を助け、今なお、苦しむ、福島原発警戒区域の動物たちの命を助けます。何卒、お願い申し上げます。

c0167790_713434.jpg

今朝の蓮君。PCの後ろを陣取っています。私が、動くと すかさずついて動きまわります。
c0167790_715201.jpg

諦めません!!引き続き 捜査中です。みなさんのお力をお貸し下さい。5/2 埼玉県川越市 預かり宅から逃走。ぺこちゃん 女の子です。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-19 07:51 | 日記
管さん どうかしてるんじゃないの
安全なら原発再稼働容認

菅首相、安全な原発はありません。福島で懲りないんでしょうか。人の手で止めれない原発のどこが安全なのか・・。これで、浜岡の再稼働はなくなりましたね。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-18 20:57 | 日記



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧