<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
本当なのか。は、調整中。
下の記事、早々ですみませんが、ただいま、調整中だそうです。
これって、フライング??
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-29 13:27 | 日記
本当なのか・・。産経ニュースより
【東日本大震災】動物愛護団体に警戒区域立ち入り許可へ 犬猫1千匹まだ区域内に?
2011.11.29 07:56更新
 東京電力福島第1原発から半径20キロ圏内で立ち入りが禁止された「警戒区域」に取り残されている犬や猫などのペットの保護について、国と福島県が民間の動物愛護団体に対し、同区域内への立ち入りを認める方針を固めたことが28日、関係者への取材で分かった。行政側はこれまで愛護団体の立ち入りを認めておらず、無断で立ち入った愛護団体と行政側の間でトラブルも起きていた。一定の基準を満たした愛護団体に立ち入りを認めることで、トラブルの回避や保護の効率化を目指す。

 環境省によると、震災前に区域内で登録されていた犬は約5800匹(登録制度のない猫は不明)に上る。警戒区域内のペット保護はこれまで、国や県など行政側が行ってきたが、現在までに行政側が保護した犬は356匹、猫は220匹にとどまっている。飼い主が連れ出したり、4月22日の同区域の設定に先立って愛護団体が保護したりしたペットも相当数に上るとみられるが、ある動物愛護団体は「まだ1千匹程度が区域内にいる」とみる。

 福島県の担当者も「ペットが家の中に隠れている場合などは、どこまで行政が立ち入っていいのか判断が難しい」と明かす。また、一部の愛護団体が無断で警戒区域に立ち入って警察とトラブルになったり、行政側が仕掛けた捕獲用のわなに入ったペットを連れ去ったりするなど、行政側の保護活動を妨害するような例もあったという。

 ただ、保護した動物を一時的にあずかる福島県のシェルター(保護施設)も満杯に近い上、本格的な冬の到来で餌が減って餓死したり、凍死したりするペットの増加も懸念されている。このため国と県は、飼い主からの保護依頼がある▽自前のシェルターを持っている▽行政側の保護活動を妨害しない▽立ち入り計画書を提出する-などを条件に、愛護団体にも同区域に立ち入ることを許可する。

 ある動物愛護団体関係者は「命からがら生き延びているペットたちにとっても、再会を待ちわびる飼い主にも画期的な判断だ」と評価した。

*********************************************

一定の基準、条件は、シェルター。保護依頼。妨害しない。計画書。ですか・・・。
う~ん。前途多難ですが、朗報です。
一千匹???そんな数ではないでしょう。猫だけでも一千は優に越えるのではないでしょうか。
現在、日本各地のボランティアさんが福島まで車を走らせ餌をまき、猫たちの命を守っています。
頭が下がるどころか、手を合わせています。本当に感謝、感謝、感謝です。
そして、今回、皆さんの祈りが届き、この報道を真実と仮定しても、救出に向かう人たちは、複雑だと思います。救出されても いったいどこに保護すればいいのか・・・。その数を考えると、、、
しかし、雪が降る前に、あそこから出さないと 全滅してしまいます。
行政側のシェルターも満杯。民間も満杯。更なる、行政の知恵を期待したいと思います。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-29 12:26 | 日記
川崎市猫虐待遺棄事件の署名
http://ameblo.jp/calendulacat/

こちらのブログで署名を求めていましたので 早速、友人宅を廻り集めてきました。
期日が迫っていますので、明日、直接、横浜地方検察庁川崎支部に届けます。

どうか皆様、署名のご協力をお願いします。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-29 11:55 | 日記
生ぎるっちゃ
  
 負げねっちゃ 
     諦めねっちゃ 
        生ぎるっちゃ


本日の朝刊に掲載されていた宮城県被災者の句です。

何度も読んでいると、耳元で、私に声をかけてくれているようで

本当は、私が助けなければいけないのに・・・。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-27 13:28 | 日記
海の向こうからの贈り物
仕事から帰ると郵便受けに分厚い郵便物が・・・。
んっ???あっBさんだ!!!!

なになに???

開けてみると、なにやら手触りがいい。
お手紙を頂戴しています。

遠く海の向こうの異国で育ったキャットニップ。
小さなにおい袋のように丁寧に縫い合わせられています。
表の袋は、オーガピッツ・オヘガニックコットンでできています。
袋は、二重になっています。中の袋もコットンでちゃんとお洗濯をしてから
作成してくださいました。

ありがとうございます!!!!!

猫たちは、このように
c0167790_22172914.jpg


大喜びです。
(ちょっとピンボケなので、後ほど、またUPします。)
本当にありがとう。
おかげさまで、私のストレスも飛びました。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-25 22:18 | 家ニャンコ
猫たちを災害から守る方法。
私の災害時避難場所は近所の小学校です。しかし、多分ですが、動物の持ち込みはだめでしょう。そもそも、その小学校は狭い。たとえOKよ。と、言われても猫31頭は絶対に無理です。ですので、家が震災で傾いてしまっても、この場所で、救助を待たなければなりません。そして、さらに、大問題は、津波です。臨海部から3キロ位しか離れていないので、太平洋の海底が震源地の巨大地震に襲われたら津波被害はあると思います。そうなると、頼みの綱は、3階部分です。家が流されたら、全滅ですが、なんとか持ちこたえてくれたら、猫たちは、三階の天袋に避難させるしかありません。家は敷地から約1mの高さで建築されてますから、大体、天袋までの高さは、13m位あります。それ以上の水がこなければ、猫たちは助かる計算です。猫たちを外に逃がしても、この平坦な町では、おそらく高い場所を探せないと思います。その場所に、水とドライフードをいれました。家が倒れても、一番上なら探しやすいですしね。最悪なシナリオを考える限り、この方法しかないのですが、最後の最後、究極の避難場所は、屋根です。天井に天窓があります。猫なら、そこから屋根の上に逃げることができます。あとは、天に任せるだけですが・・・。

こうしてシュミレーションしてみても、猫たちに避難訓練をするわけにもいかず、実際、冷静でいられないのはわかってます。でも、助けるための転ばぬ先の杖といいますか、準備だけはしておこう。と、思っています。あとは、どうか、私が在宅の日でありますように・・。

しかし、猫も私も犬も、生き残ったとしても、都会にM9クラスの地震が襲ったきたら、これだけの人口密集地です。救助の手は、どれだけあっても足りないと思います。そこからが、また地獄の始まり、せめて一ヶ月分の餌を確保しておかなければ、外の猫たちのご飯、うちの子たちのご飯、そりゃ大変なことになる。私も仙人ではないので自分が生きる食料も確保しないと・・。幸いにキャンプ用品があるので、水と米があれば、塩かけても食べていける。燃料は、廃材でも拾ってきて燃やします。
在る本に、3日間の食料があれば、あとは、救援物資がくるでしょう。なんて甘いことが書いてありましたが、信じてません。一週間分、いや10日分の食料を確保して、ちまちま食べて、地方の親類の救助を待つこととします。

大災害から、私自身、そして、犬猫たちを守る方法。

命を繋げるフード 最低1ヶ月分をストックしておくこと。
水を用意すること。
携帯電話は、常にフル充電しておくこと。
ラジオ、懐中電灯、ろうそく、マッチなどを用意しておくこと。
玄関脇に、スコップなど掘るものを用意しておくこと。
靴を部屋に飾っておく・・・。衣類は着の身着のままでいいです。
あと、ヘルメットも用意できれば・・。
それと、小銭・・。カメにでもいれて外に埋めようかな???
なぜ小銭かというと、大きいお金だとおつりがないと断られることもあるので
こういうときは、小銭がいい。と、私は思います。間違っても、あとで持ってきてくれれば
いいですよ。なんてことにはならないからね。

と、考えています。

3.11から8ヶ月。あの震災で不幸にも命を落された皆様のことを考えると心が痛みます。いまだに行方のわからない方もいます。そして、たくさんの動物たちも命を落とし、いまだに、苦しみの中で救助を待っている動物もいます。あの東北地方で、不幸にも起きた災害が、私たちに伝えてくれたこと、そして教えてくれたことを、風化させてはならないと思います。生き延びる方法を、助ける方法を、常に頭の片隅においておきたいと思っています。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-20 01:44 | 日記
貰い物。
c0167790_0491933.jpg

ペットフードを買ったら、もれなく貰いました・・・。
ちょっと地味目だけど 中は使いやすそうです。これで、買わなくてすみました。

寝ようと横になっも眠れず、こういうときは、無理に寝ようとはせずにお風呂に入ります(笑
猫たちは、昼間のようにはしゃぎまくってます。
まったく・・です。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-19 00:53 | 日記
桃ちゃんの散髪
c0167790_22152728.jpg


今日は、ももちゃんの散髪をしました。(トリミングではなく散髪です)
耳は聞こえなくなり、目も殆どみえていないようです。ももちゃん16歳の冬を迎えます。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-17 22:17 | 日記
私にできること。
自民党の石破議員が、人道的措置を、今できないはずが無い。と、訴えてくれたそうです。「犬猫救済の輪さんのブログより」これは圏内の動物たちが、死んでいくことに対しておかしいじゃないか?と、質疑応答してくださった。と、いうことです。本当にそうですよね。山古志村のときは、牛をへりで救出しています。やってできないことはないのに放置状態で、安楽死だ。そして餓死を待つなんて人間のやることではないです。

そして私、このままでいいわけない。と、ずーっと考えていました。今朝は、私の住む川崎市は寒かった。10℃を下回ったくらいの寒さだったけど、本当に寒かった。でも、被災地は、もっと寒い。あの寒く、暗い場所で飼い主を待ち続けている動物たちのことを考えると、心底、体の奥が冷たくなってくる。どれだけおなかを空かせているだろうか。どれだけ寒く心細いだろうか?
震災さえなければ、原発事故さえなかったら、飼い主の懐で安心して暮らせたのに。

今の私にできること、それこそ微々たる事だけど、冬将軍が到来する前に救出ボランティアの圏内立ち入りの許可のお願い、そして、国による全頭保護実施の嘆願メールを各政党、内閣府、環境省に送り続けます。石破議員が質疑していたように、「国が立ち入りを禁止することによってこの保管者の義務を果たすことができないとするならば、入ってはならないと言った政府がこの義務をかわって負うということになるのが法律の考え方としては当然じゃないですか。」国は立ち入り不許可を出し、動物たちの命を縮めている。ならば、国が法律を守り、救出、給餌給水を行うのが正しいのでは???そのとおりですよね。
私も、大きく頷いてしまいました。この石破さんの質疑を盾に、もう一度、さらに頑張ります。

「一頭でも多く助けてやってくださいよ。

一日も早くやってくださいよ。

そして、飼い主をこれ以上泣かせないでくださいよ。

それは国の責任として絶対にやるべきだと私は思いますがね。」
石破さん、頑張ってください。
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-16 19:35 | 日記
アウェー
平壌でのサッカーの試合、残念ながら負けてしまいました。クヤシィー!!!
仕事をしながら耳を傾けて試合を観戦していたのですが・・。
日本国国歌が流れるスタジアムの怒声は失礼極まりないことでした。
以前、アジア大会のサッカーの試合でも 対中国戦でものすごいブーイングを受けたことがありましたが、それにしても、戦後半世紀以上たっても憎しみは残るものなのですね。我が国が、アジアの国々の人々を苦しめたことは、年齢を重ねることに少しずつですが、理解もしてきたけれど、スポーツに、政治を入れてはいけないって言うではないですか・・。本当に悲しい現実です。

今朝、ツイッターで流れてきたこと。。12~1月にの間にM9クラスの地震が茨城県沖の太平洋で起きる可能性が高まっている。。予想される津波の高さは、3.11以上になる。これ読んで寒気がしました。そしてコメント欄を読んでいると・・・3.11の余震が規模から考えると小さすぎる。etc。先ほど、急いで猫のフードをネットで注文しました。後は、水、と薬を用意します。注意するに越したことはないので・・。

今朝の猫たちの写真。
c0167790_20324538.jpg

グループ1  寝ぼけ顔!!!
[PR]
by santakawasaki | 2011-11-15 20:35 | 日記



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧