<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ももちゃんの乳腺腫瘍と虹の橋。
ももちゃんは、3年程前に 乳腺腫瘍のため、手術をしました。

乳腺そのものを取っているので、安心していたら、あらたな腫瘍が・・・。
手術時は良性の腫瘍でした。では、今回は・・。
調べるには、細胞検査をしないといけないと思います。

ですが、私は、今回の腫瘍の外科治療をやめようと思っています。
第一に 17才になるももでは 麻酔に耐えられないと思います。
また、手術が成功して良性だとしても、ももには 残された時間はそんなにないと思います。
ならば、サプリとおいしい食事で 快適な時間を過ごしてもらいたいと思います。


そのように考えるのにはわけがあります。ももの姉の華を、手術で亡くしてから、一年以上経ちますが、華は、いつも ももの傍らにいます。散歩しているときも 食事をしているときも、ももの横に華が見えるのです。これは、本当のことで、帰宅すると、華、もも ただいま。と、自然に声がでます。いまだに、フードは 同じ種類を二つずつ購入します。何が言いたいか、と、言うと、虹の橋に旅立ったとしても、私の周りに、必ず 帰ってきてくれる。と、言うことです。肉体はないけれど、私のそばにいる。と、信じています。気が変になったの??と、思われるでしょう。でも、正常なんだな・・・。最初は、ももがあまりにも華に似ているから(姉妹だから)かな。と、思っていました。でも、ももが座っているとき。、食事しているとき、その横に ぼんやり華が見えるのです。
信じてもらえないかもしれませんが、私は、一度だけ、虹の橋を見たことがあります。正確には、虹の橋らしき場所をみたというのかな。そのとき、私は 椅子に座っていました。そして、ぼーっとし、頭の中が、白くなっていく瞬間を憶えています。
夢なのか、現実なのか、わかりませんが、たくさんの猫と犬が、私の周りに集まってきました。あっ佐助元気だった??べス何十年ぶり??などと声をかけていました。そして、その懐かしい犬猫たちと言葉を交わしていたら、突然、犬猫たちが両脇に別れ、真ん中に道が出来ました。その先にいたのが、華でした・・・。駆け寄ってきてくれました。そこで、我にかえったのです。現実に戻ったというのかな。涙で顔をくしゃくしゃにしていた私。それから、私は、華も、そして、先に虹の橋に行った犬猫たちは、私のそばにいる。と、考え始めたのです。

動物たちの命を、握っているのは飼い主です。その飼い主の死生観は大切だと思います。必ず、会える。私は、いつもそのように思っています。
[PR]
by santakawasaki | 2012-05-23 20:41 | 日記
ご紹介
謹んで(笑 ご紹介いたします。

我が家の30頭の猫たちの名前、年齢・・・。

と、大層 高貴な猫のようですが、今朝、みんなの名前を(恒例)書き出してみました。
以下の30頭です。くんが男の子、ちゃんは女の子です。

さんたくん   茶トラ
れんくん    アメリカンショートヘア 
さくらちゃん  さび
くろちびくん  白黒
くろびぃちゃん 白黒  長毛
ちゃーくん   茶トラ
ちゃびくん   茶
ことらちゃん  さび
        ここまでが、13才~16才

おっきちゃん  キジ白
だいくん    茶トラ
ありえすちゃん キジ白
しっぽなちゃん 白黒
がりくん    くろさび   
デジタルくん  茶トラ
みみちゃん   三毛
みーみーちゃん 三毛
いちくん    白黒
ちずこちゃん  白黒
        ここまでが、7才~12才 以前の家から連れてきた子(ことらちゃん除く)

まさむねくん  しろ
げんくん    アメショ柄
ちびっこくん  茶トラ
ちゃこちゃん  ペルシャ 茶 長毛
いちろうくん  白黒
じろうくん   白黒
たみこちゃん  白黒
はちべーくん  白黒
しいちゃん   茶白
        ここまでが、3才~6才
のぶくん    茶トラ
ごうちゃん   三毛 ねずみ色 長毛
はつちゃん   三毛 茶色   長毛
        三匹は、先日 亡くなった よどちゃんの兄弟です。1才です。

すべて、里親さんを探す予定でしたが、縁がなく 我が家にいます。(里親さんが見つかるまでの仮名と、考えていたので、簡単な名前ですね。もう少しひねって考えてあげればよかったなぁ。と、私は、反省しています。)
今日は、どういうわけか すんなり出てきましたが 大抵1頭くらい あれ???足りないぞ。と、言うことがあります。(笑

私の運命を変えた サンタ君は、犬のももちゃんと同じ年です。一昨年、のどの下から下腹部まで
メスであける大手術を経験していますが、元気です。16年前のあの年のクリスマス近くに さんたくんと出会っていなければ、ここまで、猫にのめりこむことはなかった。と、今でも思っていますが、私は、であったことは、幸運だと思っています。私の人生になかった、命を育む幸せを与えてくれた猫たちに感謝しています。

さぁて 母はこれから仕事に出かけます。
くれぐれも 部屋を汚さないように 猫たちに声をかけて いってきま~す。 
[PR]
by santakawasaki | 2012-05-15 12:46 | 日記
久しぶり・・・。
この時期は、どうにもこうにも頭が重いのです・・・。

なにをやっても中途半端。これが私のイライラに拍車をかけ どっと気分が落ち込む。

ももちゃんは、症状が落ち着いてきていますが、やはり散歩のときは、斜めに歩いたりして
目が離せません。猫達は、元気ですが、蓮くんの下痢が長引いています。お医者さんに連れて行きましたが、理由がわからないと・・・。虫でもないし ウィルスでもなく 食欲もあって元気もりもりなので さほど心配していないのですが・・。ただ、あちこちに落して歩き回るのには、頭を抱えます。怒るわけにもいかず、ゲージに入れるわけにも行かず・・・。

昨日、気分転換に 天気もよかったので ベランダでお茶していたら 下に二人のおまわりさん。
オイオイ、また、猫で何かあったのか・・と、降りていくと 隣の家の玄関ドアに汚物が投げつけられていました。目の悪い私ですので、げっ汚物だ。と、思ってしまったのですが、よ~く見ると キャットフード・・。若いおまわりさんに(このおまわりさんのことはよく知っているので)「私が犯人なら、絶対にフードなんてぶつけない。もったいなくて」と、話したら「そうでしょうね~」
と、笑っていました。結局、調書をとっておしまい。

いったい誰が、人様の玄関にキャットフードをぶつけるのか・・・。
と、考えていたら、近所の猫おばさんが、家間違えたんじゃないの???と、笑っていました。
あっ 私の家か・・・。なら、わからなくもないんだけど、ね。
[PR]
by santakawasaki | 2012-05-09 17:46 | 日記



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧