まだ、生きている。
20キロ警戒区域の中には、生きている子達もいます。私たちは、警戒区域が決まる以前から嘆願メールをだし、少なくとも、国会議員、環境省を動かしました。一時帰宅の結果を見て、もう、無理だ!と、諦めかけている人もいると思います。しかし、まだ、警戒区域内で生きている子達がいます。餌もなく、餌になり得るものを食べ、雨水を飲み命をつないでいる子達がいます。みんなで、もう一度各市町村に給餌、給水のお願いをしてみましょう。一時帰宅で保護できなかった子達も生きています。既に、一時帰宅が終了している川内村、葛尾村に給餌、給水のお願いをしよう。まだまだ、諦めてはダメです。中で生きている子達を助ける為に、嘆願メールを送ってください。
[PR]
by santakawasaki | 2011-05-15 08:06 | 日記
<< 故郷を捨てるのではない。 桃ちゃん 体調くずす・・。 >>



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧