2012年 11月 02日 ( 1 )
抜糸
手術から11日目、てんかんの発作に怯えながらも時間は確実に進み桃の抜糸が終わった。
水曜日の早朝、桃は、突然後ろ足が突っ張り倒れ全身を硬直させ、3分位、苦しみました。
しかし、発作は、これで終わらず、また、同じように、そして、更にもう一度。苦しかったのでしょう。もの凄い声で口をあけ舌をだして呻きました。
私は、動物のてんかんの発作を見たことがなかったので、動揺しました。とうとう、来てしまった。
と、覚悟を決めるほどでした。とにかく楽に逝って 欲しい。と、願っていました。三回立て続けで襲われ失禁、うんちくんもでていましたし、お別れは間違いない。と、身体をさすっていたら、尻尾がパタパタ。なによ、さよならの合図なん
ていらないのに、と、号泣していたら、桃が私を見ました。えっ。!?なに?蘇生した!?と、まで。。と、いうことがありましたが、まだ、桃の小さな体であの苦しみでしたので、体力が戻らず、金曜日を迎えた今も歩いてはスッテンコロリの状態です。しかし、昨日、小さな発作はあるものの、食欲もありハーネスの力を借りて、散歩にも出ています。まだ、目は離せませんが、てんかんが、収まることを願いたいです。
c0167790_16375642.jpg

まだ、痛々しい傷あとです。
[PR]
by santakawasaki | 2012-11-02 06:07 | 日記



 santaの家猫、保護猫、活動のブログです。メール⇒santakawasaki@cat.email.ne.jp  
カテゴリ
最新の記事
福島原発20キロ圏内の犬猫を..
at 2013-12-31 07:57
頑張ってます。
at 2013-10-29 05:43
訃報
at 2013-09-02 06:30
はっちゃん、ガンと闘う。
at 2013-07-31 21:36
はっちゃんの病状
at 2013-07-17 21:36
ブログパーツ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧